誰でも簡単にできるギフト用紙袋の使い方

ギフト用紙袋は作りが丈夫であるため、何かに使えるかもしれないと捨てずにとっておく人は多くいます。でも上手に活用しないで、そのままたまったままになっている人もいるのではないでしょうか。うまくアレンジすればいろんな使い方ができるので、たまってしまっている人は活用するチャンスです。派手なものから無地のものまで、柄やサイズに関係なく使えます。工夫の仕方は多数あって、飽きが来ないアレンジができます。使用するシーンに合わせてこだわることもできるため作っていても楽しく、仕上がったものを飾ってインテリアにしたり、プレゼントのラッピングにするのもよいでしょう。細かい作業が苦手という人でも、簡単にアレンジする方法があるので時間があるときにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

簡単な作業でもおしゃれに使いたい

無地のギフト用紙袋は、様々な使い方が可能です。文字や絵を描けるため、プレゼントを入れるラッピングとして、袋の表にメッセージを添えることもできます。文字やアルファベット、様々な図柄のハンコが販売されているので、自分で描くのが苦手な人でもかわいらしくメッセージを入れることができます。サイズが小さいものであれば、小物整理に使用することもできて便利です。中身に何が入っているか袋に書いてわかりやすくできますし、おしゃれなクリップやウッドクリップを用いたり、タグをつけることでインテリアにもなります。おしゃれな紐やリボンなどで縛っただけでも変化が出て、シンプルなだけでなく魅力的に変えることが可能ですから、あまり時間が取れない人は、紐やリボンをこだわって選んで使うとよいでしょう。

手の込んだ作業でオリジナリティを出す

少し手の込んだギフト用紙袋の活用をしたい人は、袋の口の部分を服の襟のように見せるワイシャツ折にチャレンジしてみましょう。男性へのプレゼントのラッピングにもなりますし、見た目のかわいさから沢山作って飾っておくのも面白いです。作り方は袋の口を3cm程度外側に折り返したら、折った部分の下線にそって両サイドから数センチ好みの幅で切り込みを入れます。切れた部分を内側に織り込んで肩の部分を形成します。真ん中の残っている部分で襟を作って、ラッピング用の紐でネクタイに見立てて袋の口を閉じるだけで簡単にワイシャツ折の紙袋が完成です。ほかにも防水性が高いものは、キッチンアイテムを入れておしゃれにぶら下げておくことができますし、折り紙やマスキングテープやワックスペーパーを活用してオリジナリティを出すことができます。