紙袋でのオシャレなラッピング例

ちょっとしたプレゼントや手作りのお菓子などを、かわいらしくラッピングした紙袋に入れると、もらう人も嬉しいものです。シンプルな包装も良いものですが、ちょっとしたアクセントをつけるとさらにおしゃれ感がアップします。定番のクラフト紙は、ナチュラルな感じがなんにでも合うシンプルさが重宝されていますが、リボンやレース使いでいろいろ変身させることができます。アクセントにするものは、色や大きさが特に肝心で中身とラッピングがマッチするような使い方を心掛けることが大切です。また、取っ手やひものない通常の袋であれば、折り方ひとつでさらに見た目が変ります。中身が見えるようにしたいときには、窓を作って透明フィルムを貼るなどの工夫をすると、ひと味違ったプレゼントにもなります。

リボンの使い方や止め方も工夫次第

今や100円ショップに行けば何でもそろうと言えるほど、ラッピング用品が豊富です。小さな袋なら何枚か入っているし、大きなものは1枚で立派な紙袋があります。柄の入ったものや無地などさまざまな袋があり、リボンやシールなどアクセントになるものもたくさんの種類がおいてあります。見ているだけでどんなふうに使おうかとアイデアが浮かんでくるのではないでしょうか。プレゼントする相手にもよりますが、こどもへのプレゼント用としても、おとな用としても使えるものが揃っています。イベントがあればそれに合わせたラッピング用品も店頭に並ぶことから、自分でラッピングする人の多いことが分かります。ひもや取っ手の付いた紙袋なら、リボンを袋に直接つけたり、紐部分に結んだり、大胆に袋ごと結んだりするのも楽しいものです。

バリエーション豊かなクラフト紙でセンスアップ

クラフト紙には、片艶晒・晒・未晒・半晒・カラーなどの種類があり、色やツヤが異なります。ナチュラルさを求める場合は「未晒」「半晒」が使われることが多く、アレンジしやすいところもうけています。昔からつかわれているような未晒しの袋は、おしゃれとは程遠い存在でしたが、最近では形や大きさに変化を加えただけでセンスアップしています。カフェでも雑貨店でも、印刷するデザインや色の違いでおしゃれ感が違ってきます。自分でもまた違ったアレンジをすることで、和風にも洋風にも使うことができるのです。いつもと違うところを折って止める、もう一か所折ってみる、リボンの代わりのタグをつけてみる、和風のアクセントをつける、中身を想像することができるアクセントをつけるなど、自分の好みとセンスでおしゃれなラッピングをしてみましょう。

紙袋に名入れもできる!オリジナルの紙袋を通販で販売しております。 オリジナル印刷の紙袋が格安でオーダーできます。 365日電話対応可能です。営業時間は、8:30~19:00です。 当社はオーダーメイドでオリジナルのパッケージを作ることの出来る会社で、対象エリアは全国となっております。 ビニール袋やポリ袋のメーカーです。丁寧に提案型見積をいたします。 サンプル無料発送して対応もしております。 小ロットから紙袋の制作いたします!